The life that fitted me

自分に調和した生活に近づけたらいいな、変化しながら調和し続けられるといいなというブログ。小さな個人的実験。

9月のまとめと10月のチャレンジ

 10月にも5日になってしまいました。気が付くと11月になってしまいそうです(T T)。

☆9月の生活のバランスとハーモニー
・バランスは35〜55%
・ハーモニー35〜60%
(どちらも普通の状態を50%にしています。)

 先月に引き続き調子悪いです。こういうのもありな気がしてきました。人生こんな時もあるよね。力を抜きながら進みます。省エネで行こうと思ったのですが、方法を考えすぎて逆に疲れちゃいました。力を抜くを試したらフィット感があったのでしばらくこちらで行きます。

☆8月のチャレンジと9月のチャレンジ

 9月のチャレンジは"今に居ながら、自分の希望を意識して、正直にシンプルに自他に対応する"でした。

 めずらしく達成率が高かったです。このスタンスで人と対応すると、善意の人とは良い落としどころに行き着くことが多かったです。ハラスメント的な行為に対するときは、自分の消耗がびっくりするほど少なくて楽でした。一時的に雰囲気が凍るし疲れましたが、後からじわっと消耗感が出て調子を崩す感じはほぼなかったです。

 ″自分を弱い立場に置いて安全に居ようとする”という受動的攻撃スタンスとは別のスタンスが育ってきた気がします。アグレッシブな所のある私に"今に居ながら、自分の希望を意識して、正直にシンプルに自他に対応する"スタンスは合っているように思います。自分のアグレッシブな所にはいまだ違和感があるのですが、セルフコンパッションしていきたいです。

 10月のチャレンジは″1回で終わらせるルール″です。筆子ジャーナルで読み、これをやろうと思いました。

https://minimalist-fudeko.com/once-and-forever/

 やりっぱなし、先延ばしで余計な時間をかけてしまう所にアプローチできそうです。慌てて打ってタイプミスを修正するより、少しゆっくりでも確実にタイプした方が省エネで時短と最近気が付いたのです。他のことも似たり寄ったりで、2度手間をよくやるのです。気づきが遅いですが取り組みます(T T)。気ままな所の強い私との落としどころも付くといいな。バランスとハーモニーに気を配ってみます。

今年のテーマは"シンプル"。今年のチャレンジは"セルフコンパッションをもとに自分とも他人とも付き合う"です。各月のチャレンジは、今年のチャレンジを落とし込んでいます。個人のテーマは"バランスとハーモニー"です。
読んで頂きありがとうございました。

チャージ

f:id:g_ta:20170914212451j:image

銀杏の実。

黄色に色づいている。

青くて小さかった7月から3ヶ月後の、今。

広告を非表示にする

8月のまとめと9月のチャレンジ

☆8月の生活のバランスとハーモニー
・バランスは20〜55%
・ハーモニー25〜60%
(どちらも普通の状態を50%にしています。)

 全体的に調子悪かったです。自分から始めた生活と内面の変化に、暮しが追いついてませんでした。心も追いついていません。どうなるのか不安です。こんな時は優先順位をつけて、まめに休みを入れて、省エネしようと思いました(T-T)。出来ませんでしたが。


☆8月のチャレンジと9月のチャレンジ
  8月のチャレンジは"10時半までに就寝する"でした。達成したのは1日でした。つくづく夜に弱いと思いました。しなくていいことをやり続けてしまいます。

  挑戦したチャレンジが数ヶ月後に育つことを何度も経験してるし、チャレンジで種を蒔けたと思います。でも1日しか出来ないと悔しいし、凹みます(T-T)。めげつつ休みつつ進もうと思います。

 自動的に進むと判断した'捨て'と'タスク消化'は驚くほど進み、以前のチャレンジが育って身に付いて来たのを感じました。隠れた影響力のあるタスクが見つかったりもしました。

 エアコンの風がベッドに当たらないように家具の配置をえたら、使いやすい部屋になり驚きました。予想していませんでした。健康と実用を重視する人なのに(無理の効かないお年頃も理由の一つ(T-T))、恐怖感や見かけを重視して自分を苦しめていたことを実感しました。他にも同じパターンのものが有りました。まだ見つかりそうです。

 色々なものを工夫し過ぎ、それが自分を苦しめ、自身の過小評価に繋がっていることも実感しました。シンプル・省エネしていこうと思います。無理してなんとかやっている物事は、無理ないレベルを選択するか、やらない方がいいと思いました。自分にとって無理する価値のあるものは、分量に気をつけてやるつもりです。

 そして新しいモノと事が入って来ています。欲しいもの、したい事もはっきりして来ました。買うのも変化も怖いですが、気持ちに沿ってみようと思います。ココは無理するところだと思いました。自分とのフィットに繋がる気がするのです。

 自分の中にアグレッシブさとタフさがある事に気が付きました。これららは他人を損なう気がして嫌っていましたが、アグレッシブさとタフさで自他を生かす人もいるんですよね。勤め先の先生がそうなんです。ご高齢なのにアグレッシブでタフで、周りを明るくもする。怒ると怖いですけど(T-T)。力は使いようなのだと考えが変わりました。セルフコンパッションだと思いました。明るい方に使って行きたいです。

 あと、情けないのだけど自分を弱い立場に置いて安全に居ようとする所があります。受動的攻撃のひとつで、情けなく感じます。今月はそれにチャレンジしようと思います。"今に居ながら、自分の希望を意識して、正直にシンプルに自他に対応する"をやってみようと思います。結果はどうなるかわかりません。今までは反応的に弱さを見せたり、同意したり、無闇に受け入れたり、避けたりしてたのです。ため息が出ます。とても疲れると思うので、少しづつ休みながら、チャレンジする時と場所を選んでやっていこうと思います。チャージをしながら。

 とりあえず、携帯電話の窓口で練習してみました(ちょうど用事があったのです。窓口ニガテです)。今回の"今に居ながら、自分の希望を意識して、正直にシンプルに自他に対応する"の選択は、要らない契約の説明が始まったときにすぐに断ることでした。スムーズに契約が済んだ気がします(それでも2時間!)。今までのパターンだったら、説明を聞いてしまって断るのに苦労して、嫌な気分やモヤモヤしながら、契約を済ませたと思います。多分20分は延びてしまったと思います。断るのに理由は言う必要ない時が多いって本当かも、とも思いました。新しいスタンスで人と接したのは、とても疲れることでした。そのうちに身に付いて、ひどく疲れなくなることを期待しています。休み休みながらやっていこうと思います。

 今年のテーマは"シンプル"。今年のチャレンジは"セルフコンパッションをもとに自分とも他人とも付き合う"です。各月のチャレンジは、今年のチャレンジを落とし込んでいます。個人のテーマは"バランスとハーモニー"です。
 読んで頂きありがとうございました。
 

レビュー:映画"クロワッサンで朝食を"

 ジャンヌ・モローさんの死を悼んでいます。

 "クロワッサンで朝食を"しか観ていません。それでも悼んでしまいました。80代半ばの彼女が主演の作品だったと思います。もっと年齢を重ねた彼女の演技が観たかったです。

 パリに住む、奔放な過去を持つ裕福で孤独な老女役でした。家政婦を必要とする状態で名前はフリーダです。失礼ですが、ステレオタイプの役だと思いました。でも違いました。

 話が進むうちに、過去があっての現在のフリーダが浮かびあがり、そして今現在を生きる人間としてのフリーダが現れる。その複雑さと強烈さをジャンヌ・モローが、老醜といえる姿をそのままに演じているように思いました。

 あるレビューでは、"「老醜」・・・無残な神々しさともいえる不思議な輝きを発している"と表現していました。自分では言葉に出来なかったけど、そう!そんな感じ!と賛同してしまいました。経験を重ねた上での挑戦と感じた演技でした。

 フリーダを世話する50代の家政婦アンヌ役を演じたライネ・マギの演技も素晴らしかったです。性格も正反対の役なのに、背中でジャンヌ・モローの強い存在感に負けない印象を作り、中盤では主役は彼女?と思いました。最後のシーンで、ジャンヌ・モローが一瞬で主役は彼女だと、圧巻の巻き返しをしたように感じました。良い意味で「負けた」と苦笑してしまいました。アンヌの浮かべた微妙な表情も似た様な思いかもしれないと思いました。アンヌはアンヌらしく、しなやかで力強く彼女自身の人生の主役として生きていくのだろうともと思いました。

 軽やかなハートウォーミングな映画だと思って観たら、重く複雑でした。観てよかったと同時に、インパクトが大きく茫然としてしまいました。厳しい現実に根ざした生命賛歌でもあると思います。ただ、私にとって映画の結末の3人の感覚(ブリーダー・アンヌ・男性の三角関係に対するもの)は謎のままです。フランス人ならここまで謎にならないのかしら?と少し途方に暮れました。

 追記:ジャンヌ・モローさんは自宅で亡くなっているところを発見されたそうです。"1つの人生を生きた尊厳を持つ人間か亡くなった"という印象を受けました。"孤独死=可哀想・不幸"と思っていない私がいました。ジャンヌ・モローさんだからではなく、ひとりの人間の死は1つの人生を生き切った人の死だと受け止めていました。この映画を観た影響もあると思います。この映画を厳しい現実に根ざした生命賛歌と感じた理由の1つかもしれません。ただ今後のジャンヌ・モローさんの演技が見れないのが、とても悲しいです。

 

クロワッサンで朝食を [DVD]

  読んで頂き、ありがとうございました。

 

7月のまとめと8月のチャレンジ

☆7月の生活のバランスとハーモニー
・バランスは40〜80%
・ハーモニー45〜80%
(どちらも普通の状態を50%にしています。)

 ずいぶん安定したと驚いています。揺れがあることにも慣れてきました。

 良性でしたがしこりが胸にみつかり、結果が解るまでネガティヴな妄想しまくってました(T-T)。日常は続いていきました。日常が好きだなと改めて思いました。特別な幸せも素敵だし、日常の小さな幸せもとても素敵で、日々意識して拾って味わいたいなと思いました。"人生は大きな不幸と、沢山の小さな幸せからできている"という、言葉に励まされました。


☆7月のチャレンジと8月のチャレンジ
7月のチャレンジは、"出来るだけマインドフルネスの瞑想とストレッチをすること"でした。瞑想は苦手(>_<)。ストレッチばかりやっていました。意識して味わっているうちに、心地よくて楽しいことになっていました。ノルマをこなすようにしてた時は、このような充実感はなかったです。長い時間のストレッチは続きませんでした。時間のかからないものに落ち着きました。

 今月のチャレンジは"10時半までに就寝する"にしました。とてもやりたい'捨て'と'タスク消化'は、自動的に進みそうなので今月のチャレンジにしませんでした。

 私のパターンだと、チャレンジすると少し習慣になって、後から深まったり上手くなることが多いです。苦手なコトを今月のチャレンジにしました。

 今年のテーマは"シンプル"。今年のチャレンジは"セルフコンパッションをもとに自分とも他人とも付き合う"です。各月のチャレンジは、今年のチャレンジを落とし込んでいます。個人のテーマは"バランスとハーモニー"です。

 読んで頂きありがとうございました。