The life that fitted me

自分に調和した生活から、自分自身と調和することにテーマが変化してきています。

枠➖程々に心地よく味わえる分量

 贅沢って何だろう?とこの頃思います。人それぞれなんだろうな、と思うので、私にフィットする贅沢を確認してみました。

 私にとっての贅沢は、"程々に心地よく味わえる分量"+"自身の志向"いう枠が、とっても大事だなって思いました。

 沢山や、スペシャル、値段は余り重要じゃないと思いました(私にとってはです)。

 沢山だと、1つを心地よく味わいたいので余分。

 スペシャルは、程々を心地よく味わいたいので、たまになら楽しいけど、頻繁だと余分。

 値段は、程々で心地よく味わいたいので、高過ぎるのは余分なことが多いです。

 志向に合わないものは、違和感を感じます。

 年齢によるものもあるかも(^^)。

 情報・娯楽・食事・甘味も、同様の枠の中がしっくりくるかも。その中でも、欲張って、心地よく楽しめないことが、結構あるのが、娯楽と甘味です(笑)。量を欲張って、疲れすぎたり、胃にもたれたりしちゃいます。

f:id:g_ta:20181015104724j:image

7・8・9月のまとめと、10月のチャレンジ

ご無沙汰しておりますm(_ _)m。

☆7・8・9月のまとめ

・バランスとハーモニー ・30〜80%

・自分とのフィット感 ・80%
(普通の状態を50%にしています。)

   大波小波が沢山ありました。「目標を見据えながら、省エネで波の中を進む」に、方向転換しようと思いました。今まで波自体をコントロールしようとして、エネルギーを無駄遣いしていた気がします。

☆7・8・9月のチャレンジと、10月のチャレンジ

 "意図的にシンプルにしていく"でした。

 長いので要約です。 書いてあるのは、以前の自分との比較です。

物を減らしました→手順を減らしました→生活にメリハリと融通が、楽に効かせられるようになってきました→

 余裕ができました→心のゴミと、行動の動機が”不安”と”恐怖”なのに気が付きました→びっくりするほど低い自己評価に気が付きました→それも込で自分なんだと、セルフコンパッションが進みました→自分と他人を見る目が変わりました→今年のテーマとチャレンジに近づいてきました→

生活全体が、迷いが少なく清々しい感じになってきました、例:人とのスタンス

例:洋服(年齢的な、去年の服が今年は全然に合わない現象での、買替に伴って)

 本分です。

 物を減らして、手順もシンプルにすると本当に楽だと思いました。自分に軸が出来始めた気がします。今までは手順や物、タスク数に振り回されていたのだと思いました。

 軸が分かってくると、メリハリと融通を利かせやすいと思いました。効果的に手順を省いたり、手間を増やせるようになって来ました。たぶんマネジメントの得意な方にとっては、当たり前のことなのでしょうが、私にとっては快挙です。

  スケジュールや、小さなことを、詰め込みすぎなくなくもなって来ています。無理することが、デフォルトだったんだなぁと、今更気がつきました。そして、"無理して(疲れやケアレスミスで)うまくいかない→対策を生活に詰め込む=無理に無理を重ねる→最初に戻る"負のスパイラルを作っていました。

 そして、小さな軸と余裕が出来ると、行為の動機が見えてきたり、心のゴミの多さに気がつきました。"恐怖"と、前回ちょっと書いた、"不安"です。

 お恥ずかしいですが、根拠のない "恐怖"や"不安"を棚上げする為に、"なんとなく安心できる(実は役に立ってるか不明だったり、自分の足を引っ張っている)"物事で、生活(人生も)が埋まってました。

 行動の動機もなんです。"〜にならないように"とという不安や恐怖に対応するが動機だったのです。一見ポジティブな「資格取得」も、将来困らないようにとか、わたしは能力が足りないから補わなきゃ等が本当の動機でした。

 私自身のことを、ほっとけば不幸になる、元々大きく欠けている人間だと信じてるかのようです。この自己評価はひどすぎないか?ってツッコまずにはいられませんでした。びっくりです。 

 10月は、この自分の思考の癖にアプローチします。試しながら、微調整しながらやっていきます(^^)。あと、"愛"を行動の動機にしていきたいです。同じ行為でも、動機の種類によって差が出るんだろうなって思います。

f:id:g_ta:20181001192502j:image

 生活全般が、迷いが減りました。シンプルで、清々しい感じに変化しています。シンクロニシティ(?)みたいです。

 低い自己評価を受け入れることで、この私でいいんだとセルフコンパッションが深まったのだと思います。どこかで読んだ"欠けていてもそれで完全"という言葉が腑に落ちました。

 人間関係もそうなんです。整理しているときは、迷ったし、罪悪感もありました。今は罪悪感もほぼなくなり、こんなに距離を取ったり、手放しちゃって良いのか?という不安もちょっありますが、清々しい気持ちが優っています。とにかく気持ちが良いのです。これからも色々あるだろうなと思いつつ、新しい人間関係が育つ気がしています。そして、悩んだ人間関係に心の焦点が向いていたのだけれど、他に向くようになりました。

  2018年のテーマは"柔"。チャレンジは"自分と他者を尊重して付き合う"なのですが、紆余曲折しながらも、近づいている気がします。たぶん私は、低い自己評価にふたをしていた分(意識にのぼらないけど)自分に激しくダメ出しをし続けていて、自分へのダメ出しから身を守るように硬くて融通が利かなかったのだと思います。その厳しい視点で、厳しく他人と向き合っていたのだろうと思います。

 同時に、相手との距離感は自分で決めていい。嫌なものは嫌だし、付き合うの無理だわって思ったら、さっと離れていい。その結果人が離れても、それはそれで自分と相手の意志の尊重の結果な気がします。この年で言うのも恥ずかしいのですが、子供っぽさが抜けた気がます。

 去年までよく着ていた服が、今年はびっくりするほど似合わなくなってる(°_°)。正直に感想を言うと、去年までの格好(アウトドア系をアクセントにしたカジュアル)が、みすぼらしく、痛い人に見えるようになったのです。ラフな格好が似合わない!私にもこの時が来ました。先輩方の体験談のおかげで、来る時が来たのね(T-T)と、サクッと方向転換に意識を向けられたと思います。ありがとうございます。

f:id:g_ta:20181001194153j:image

f:id:g_ta:20181006154512j:image

 というこで、ユニクロの服と古着を購入しました。綺麗目ハードにシフト中です。ハード系にシフトするとは思いませんでした。ふんわり系エレガントにいきたかったのですか、似合わず、性格にも合わず、断念(T-T)。

 これもセルフコンパッションですね。もって生まれたもの、ささやかでも積み上げてきたものを大切にしていきたいと思います。同時に、パッションを感じたものにトライし続けようと思います。

  2018年のテーマは"柔"。チャレンジは"自分と他者を尊重して付き合う"です。これらには、個人のテーマである"バランスとハーモニー・自分自身とのフィット"のスキルも絡みそうな気がしています。 

 読んで頂き、ありがとうございました☆

6月のまとめと7月・8月のチャレンジ

☆6月のまとめ

・バランスとハーモニー ・40→80%

・自分とのフィット感 ・80%
(普通の状態を50%にしています。)

   前半大荒れでしたが、後半に落ち着き始めて嬉しいです。

 

☆6月のチャレンジ

 6月は"意図的にシンプルにしていく"でした。 主とっても長いので、初めに要約します。

●要約●

 びっくりするくらいチャレンジが進みました。自分がミニマルでシンプルな生活をしてると思っていたけど、間違いだと自覚しました。手順が多くて、動線が混乱してるのはミニマルでもシンプルでもないです(T-T)。

 シンプルにするのは心地良く、深めて定着させたいので7月・8月も、6月のチャレンジを継続します。途中経過も書いて行きたいです。

 

***ここからは長いです。***

 

主なチャレンジ項目と結果。

①不要な動線や手順を見直す。→主に6月前半

・ 玄関ーアクセサリー・姿見・コート掛け・サングラス・帽子・買い物袋・鍵・名刺入れ・時計・判子・ハンカチ・ティッシュの置き場所を作りました。出かける時に、忘れもの等で何度もクローゼットまでを往復していたので楽になりました。家の中ではアクセサリーは付けないので、玄関にあると楽に感じます。

・大きくて重い本棚の扉を外し棄てました。代わりにカフェカーテンをかけました。

・タッパの蓋が倒れ無いように収納ケースを導入しました。

・野菜をまとめて出し入れできる収納ケースを導入しました。

・カミソリ等が取りにくいので、収納ケースを2つ導入しました。

・可能な限り工夫をやめました。それに伴い、修理小物・縫い糸・パーツが減りました。ちょっと直すのが必要なものも捨てました。心が楽になりました。

・よく使うサーキュレーターを出し入れしやすい場所に収納。取り出すときによくぶつけていました。

・ベット下の寝間着入れをクローゼットに。寝間着入れに入れに行く手間がなくなりました。見た目もスッキリ。

・枕元セットを作り、引き出しの中に。何度も往復しなくて済む様になりました。

・ペンの紐を取れにくくしました。使うたびに付け直していたのです。

・ワンピース2枚を買い替え。

・視覚的ノイズを減らしました(ファイルボックスを変えました。壁のポストカード取り去りました。壁のメモを扉の裏に変えました。クローゼットの扉の表に出してあるフックを外しました。

・冷蔵庫の使い方を検討。改良。

・食材の買う量や、買う手順、帰ってからの片付け方法を見直しました

・着回しを諦めました。とっても時短です。

→小さな不具合がこんなにあったのかとびっくりしました(>_<)。家での消耗感の理由の1つだったかも。

②モノを減らす。→主に6月前半

・食器を間引きしました。

・クローゼットの間引きをしました。家で洗えないコートは1枚のみ残しました。

・冷蔵庫の調味料を間引きしました。

・全ての引き出しの間引き(2回)をしました。取り出しにくさが解消し、日々のイライラが減りました。隙間ができて心が落ち着きました。

・使っていない文房具を、使えるものも含めて、断捨離しました。

・工夫して無理に使い切ろうと思っていたものを捨てました。自分の浅はかな買い物の仕方を思い出して辛かったです。この経験は今後に生きると思います(洋服で前例あります)。

・普段用と特別な日用に用途を分けることをやめました。スッキリしました。

→探し物が減り、日々の選択が減り省エネになりました。とても心が楽です。何があるかを把握できるようになり、代用が楽にになり(持ち物を把握できてるので、当然ですね)、すぐに物を増やさなくなってきました。同じものを買っちゃう事もなくなってきました。持ち物を、使っている感があり、清々しいです。

③貯まっているタスクを減らす。

・ボチボチです。

④デジタルなガラクタを捨てる。

・ボチボチです。

⑤人間関係の検討と整理(平和的に)。→主に6月後半

・悩んでいた人間関係からフェイドアウトする事にしました。

・マナーとしての親切やヘルプ以外は、自分からはしない事に決めました(親しい人は除く)。余計な親切をしていると、依存的な上に失礼な人達が寄ってきて、悩みを増やす事に気がつきました。ヘルプを頼まれたらシビアに判断して、他でやれるとことは断ろうと思います。相手は大人で、大抵のことは出来ることを忘れていました。

・他人の気持ちを和ませたり、グループのバランスを取らないことにしました。便利屋になっていた事に気がつきました。しかも、当然みたいに思われて、悲しくなったり悩んだりしていました。その人のバランスはその人がとるものなのを忘れてました。

→自分の人生に集中しようと、つくづく思いました。他人の人生に巻き込まれている時間はありません。

⑥時間の使い方の検討と整理。→主に6月終わりからスタート

→今スポットが当たっているところです。後追いから、先手仕事にシフトしているのを感じます。

 今まで、余りそうな食材を受身的に半調理して使っていました。冷蔵庫を1週間、冷凍庫を1ヶ月という枠、で計画的に空にしているうちに、各枠の初めに下ごしらえや半調理、冷凍をするようになりました。こんな事出来るようになるとは、思っていませんでした。憧れてはいました。

♪気づき

・今やっている1つのことに集中することの大切さを実感しています。1づつに準備・実行・片付けを意識する練習をしています。これは、同時にやりかけのものを一旦終わらせる事に繋がり、すっきりと過ごせるようになってきています。生活全体の流れも良くなっているのを感じます。

・枠の意識が大切と思いました。枠がないと際限がなくなる事に気がつきました。枠があるから、自由があるって本当だと思いました。際限がないって、主体性が無いので自由じゃ無いと考えるようになりました。

・買わないってシンプルで楽だと考えるようになりました。買い物が好きなことに気がつき、意識を他の好きなことに向けて、味わうように練習しています。

・手順が多いのはシンプルじゃ無いことに、やっと気がつきました。メルカリ、本以外の通販、安く買う為に頑張ること、遠くに買いに行くこと、安く買う為に時期を選ぶこと、中途半端なものを買って買い直すことって手順が多いのです。シンプルじゃない事に気がつきました。ケースバイケースだとは思っています。そして、定価で買うことを基本にしようと思いました。買いに行った時に安くなっていたら、もちろん嬉しいです。

・面倒でも道具を毎回元に戻すようにしました。ちょい置きしたものを探さなく済むのは、シンプルで楽だと思いました。

♪まとめ

 こんなに大ごとになると思いませんでした。

 シンプルを心がけてみて、いかに自分の生活が混乱していたかに気がつきました。天袋には空間があるし、ベット下には寝間着入れ位しか無かったので、シンプルライフだと(おこがましくもミニマリストだと)思っていました。物の数だけじゃ、シンプルライフか否かなんて解らないんだと実感しました。

 必要な収納を買ったら、物欲がアップしたので、少し買うのを控えました。(その間は、あまり模様替えをせず、手順の見直しに焦点を当てていきました。)。買い物って依存性があるのかもしれません。

 前半で物の出入りが落ち着きました。家と自分がフィットしてきて、不思議な安らぎを感じます。

 自分とのフィット感が上がり、自分の人生への覚悟が決まりました(自分の人生の責任は自分でとろうと思うようになったのです。依存性が実は高かった自分に驚きました。気がついていなかったのです。

 自分のペディキュアの色は、自分の基本に立ち返るシンボルだと思いました。(他の人には他の意味があると思っています。あくまで私にとってです)。素爪が綺麗な感じに見えるマニキュアが落ち着きます。洋服もアクセサリーもお化粧もそうなのですが、デコラティブな物がびっくりするほど似合いません(T-T)。憧れてるし、この年代になったら多少は似合うようになると思っていたのですが違いました(>_<)。成熟した60代とかになれたら、濃い色のペディキュアが似合うかも知れないと、まだ夢は見ています(^^)。

 素を大切にしたい。ヘルシーを大切に。シンプルに。数少ない気に入ったものを大事に使いたい。これらが、自然豊かな田舎で育った私の基本なのだろうと思います。大切にしていきたいです。

 相乗効果として出たのが、主体性のアップ・優先順位がハッキリしてきたこと・家計の見直しと方針が出来た事です。自分にフィットする物の価格帯とそのメリハリも掴んで来ました(おバカ過ぎなのですが、質が良い物を求め過ぎていました)。物の寿命(似合わなくなった、生活に合わなくなった等も含む)が来て、次の物が来るという、循環の気持ち良さも実感しました(何故か、ずっと同じものを持ち続けなければいけないと思い込んでいました。もっと柔軟でも良かったのに)。何を大切にして生きていくかも定まりました。驚きです。

 プラスの動機からチャレンジが始まったのも良かったのかもしれません。

☆6月と7月のチャレンジ

 7月と8月のチャレンジは、6月のチャレンジを継続します。今までは種を蒔くようなチャレンジで、出来ていなくても1ヶ月で終わらせてきました。今回のチャレンジを深めたくなったのです。定着もさせたいです。手順の整理と時間の使い方の検討と整理と練習を主にやる予定です。断捨離ももう少ししたい。

  2018年のテーマは"柔"。チャレンジは"自分と他者を尊重して付き合う"です。これらには、個人のテーマである"バランスとハーモニー・自分自身とのフィット"のスキルも絡みそうな気がしています。
  読んで頂き、ありがとうございました☆

"チャージ"と"いつもの"49

f:id:g_ta:20180627101059j:image

 ツバメの巣にツバメがいません。巣立ったようです(^^)。寂しさも感じるけれど、嬉しいです。今期二度目の繁殖がありそう。命って凄いです。

 日常の幸せを、100からカウントダウンしています☆

 読んで頂きありがとうございました☆