読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The life that fitted me

自分に調和した生活に近づけたらいいな、変化しながら調和し続けられるといいなというブログ。小さな個人的実験。

実験・生活との調和-4-まとめ。

 「実験・生活との調和」を始めて約2ヶ月たちました。「実験・鏡で現実を見る」もだいたい2ヶ月でまとめができる位になりました。2ヶ月って実験の結果が出る時期なのかしら?(追加を少し。装いが状況と調和しない理由に色の使い方もありました。)私にとっての「生活との調和」って、結果ではなくて過程かもしれない。

 

 調和のパーセンテージも日々変わってる。0%は調和の全くないカオスで、50%は気持ち良くも悪くもない調和。100%はありえない位の完璧な調和として評価してみる。

 -1-の頃の私は5%、-2-の頃の私は15%、-3-の頃の私は40%、メイ50チャレンジ-5-の頃は45%で、-4-の今は55%でほんのちょっと気持ち良い寄りです。順調に上がったのではなくて波が結構ありました。

 この評価は世間の基準とずれています。私の生活は世間が良しとする(と私が思いこんでいる)基準からは程遠いものです。

 そして何が気持ち良いか悪いかは変化しました。人は良い状況にも悪い状況にも慣れると聞いたことかあります。

 それも踏まえて私は私の基準を使おう、世間とのズレも意識し続けようと思いました。今の私にはこのやり方が無理がないようです。状況に慣れないようにしながらこれが出来たら成熟では?と思ったりします。

 

 生活との調和を過程とみたら面白くなってきました。揺れること、迷うこと込みで生活していく。「あたり前のことよ。」って言われそう(^^)。私にはこれが腑に落ちるまで時間がかかりました。「実験・生活との調和」は今回でいったん終わりにして、月1位パーセンテージで評価出来たらいいなと思います。実験し続けながら生活していきたい。

 読んでくださりありがとうございます。読ませて頂いているブロガーの皆さま、ありがとうございます。日々の励みになっています。