The life that fitted me

自分に調和した生活から、自分自身と調和することにテーマが変化してきています。

8月のまとめと9月のチャレンジ

☆8月の生活のバランスとハーモニー
・バランスは20〜55%
・ハーモニー25〜60%
(どちらも普通の状態を50%にしています。)

 全体的に調子悪かったです。自分から始めた生活と内面の変化に、暮しが追いついてませんでした。心も追いついていません。どうなるのか不安です。こんな時は優先順位をつけて、まめに休みを入れて、省エネしようと思いました(T-T)。出来ませんでしたが。


☆8月のチャレンジと9月のチャレンジ
  8月のチャレンジは"10時半までに就寝する"でした。達成したのは1日でした。つくづく夜に弱いと思いました。しなくていいことをやり続けてしまいます。

  挑戦したチャレンジが数ヶ月後に育つことを何度も経験してるし、チャレンジで種を蒔けたと思います。でも1日しか出来ないと悔しいし、凹みます(T-T)。めげつつ休みつつ進もうと思います。

 自動的に進むと判断した'捨て'と'タスク消化'は驚くほど進み、以前のチャレンジが育って身に付いて来たのを感じました。隠れた影響力のあるタスクが見つかったりもしました。

 エアコンの風がベッドに当たらないように家具の配置をえたら、使いやすい部屋になり驚きました。予想していませんでした。健康と実用を重視する人なのに(無理の効かないお年頃も理由の一つ(T-T))、恐怖感や見かけを重視して自分を苦しめていたことを実感しました。他にも同じパターンのものが有りました。まだ見つかりそうです。

 色々なものを工夫し過ぎ、それが自分を苦しめ、自身の過小評価に繋がっていることも実感しました。シンプル・省エネしていこうと思います。無理してなんとかやっている物事は、無理ないレベルを選択するか、やらない方がいいと思いました。自分にとって無理する価値のあるものは、分量に気をつけてやるつもりです。

 そして新しいモノと事が入って来ています。欲しいもの、したい事もはっきりして来ました。買うのも変化も怖いですが、気持ちに沿ってみようと思います。ココは無理するところだと思いました。自分とのフィットに繋がる気がするのです。

 自分の中にアグレッシブさとタフさがある事に気が付きました。これららは他人を損なう気がして嫌っていましたが、アグレッシブさとタフさで自他を生かす人もいるんですよね。勤め先の先生がそうなんです。ご高齢なのにアグレッシブでタフで、周りを明るくもする。怒ると怖いですけど(T-T)。力は使いようなのだと考えが変わりました。セルフコンパッションだと思いました。明るい方に使って行きたいです。

 あと、情けないのだけど自分を弱い立場に置いて安全に居ようとする所があります。受動的攻撃のひとつで、情けなく感じます。今月はそれにチャレンジしようと思います。"今に居ながら、自分の希望を意識して、正直にシンプルに自他に対応する"をやってみようと思います。結果はどうなるかわかりません。今までは反応的に弱さを見せたり、同意したり、無闇に受け入れたり、避けたりしてたのです。ため息が出ます。とても疲れると思うので、少しづつ休みながら、チャレンジする時と場所を選んでやっていこうと思います。チャージをしながら。

 とりあえず、携帯電話の窓口で練習してみました(ちょうど用事があったのです。窓口ニガテです)。今回の"今に居ながら、自分の希望を意識して、正直にシンプルに自他に対応する"の選択は、要らない契約の説明が始まったときにすぐに断ることでした。スムーズに契約が済んだ気がします(それでも2時間!)。今までのパターンだったら、説明を聞いてしまって断るのに苦労して、嫌な気分やモヤモヤしながら、契約を済ませたと思います。多分20分は延びてしまったと思います。断るのに理由は言う必要ない時が多いって本当かも、とも思いました。新しいスタンスで人と接したのは、とても疲れることでした。そのうちに身に付いて、ひどく疲れなくなることを期待しています。休み休みながらやっていこうと思います。

 今年のテーマは"シンプル"。今年のチャレンジは"セルフコンパッションをもとに自分とも他人とも付き合う"です。各月のチャレンジは、今年のチャレンジを落とし込んでいます。個人のテーマは"バランスとハーモニー"です。
 読んで頂きありがとうございました。