The life that fitted me

自分に調和した生活から、自分自身と調和することにテーマが変化してきています。

枠➖程々に心地よく味わえる分量

 贅沢って何だろう?とこの頃思います。人それぞれなんだろうな、と思うので、私にフィットする贅沢を確認してみました。

 私にとっての贅沢は、"程々に心地よく味わえる分量"+"自身の志向"いう枠が、とっても大事だなって思いました。

 沢山や、スペシャル、値段は余り重要じゃないと思いました(私にとってはです)。

 沢山だと、1つを心地よく味わいたいので余分。

 スペシャルは、程々を心地よく味わいたいので、たまになら楽しいけど、頻繁だと余分。

 値段は、程々で心地よく味わいたいので、高過ぎるのは余分なことが多いです。

 志向に合わないものは、違和感を感じます。

 年齢によるものもあるかも(^^)。

 情報・娯楽・食事・甘味も、同様の枠の中がしっくりくるかも。その中でも、欲張って、心地よく楽しめないことが、結構あるのが、娯楽と甘味です(笑)。量を欲張って、疲れすぎたり、胃にもたれたりしちゃいます。

f:id:g_ta:20181015104724j:image